株式会社ジーダット

×Close
ExpertLCD
リアル製造プロセスを実装 OLED向け多次元光学シミュレータ

ExpertOLED

多変数厚み解析による光学デバイス設計

OLED(有機ELデバイス)の設計においては、材料の層厚みが、取り出し効率向上のための重要なファクターになっています。
OLED設計では、厚みと光効率の相関関係のシミュレーションが常に重要な位置を占めています。
これまでは、この予測プロセスには膨大な時間と繰り返しの手間が必要でした。 ExpertOLEDはこの繰り返しを1回のシミュレーションに短縮し、各層の厚みがどのように影響するかを見せてくれます。

光線漏れ予測・解析ソリューション

光線漏れ予測・解析ソリューションイメージ

白色有機ELでは、画素間の光漏れが重大な問題です。
ExpertOLEDは画素構造内部の光伝播を表示し、迷光の強度を計算します。
これらの情報から、問題を解決するための最適設計ができます。

Blue to Greenイメージ

EL発光

Spectrumイメージ

OLEDデバイスへの電流や電圧付与による、発光パワー、電流プロファイル、電荷・ホール集中、バンド曲がりを見積ります。

WORK PROCESS

Fitting

Fittingイメージ

実行時間削減と精度向上のため、Drude-Lorentzモデルがエンジンに実装されており、高精度な結果を短時間に得られます。

柔軟な構造生成

Structure Editor イメージ

レンズ、回折格子、拡散フィルムなどの様々な形状を直感的に描けます。

実プロセス工程にもとづく使いやすい構造生成

Grating/Leakageイメージ

実プロセスをエミュレートした使いやすい構造生成インターフェース

適応グリッド生成

Meshイメージ

特定領域内のみ微細化する適応グリッドで、実行時間と消費メモリを削減します。

白色有機ELシミュレーションの具現化

タンデム構造とカラーフィルタで白色有機ELモデルを定義できます。
これにより白色有機ELのカラー解析が容易にできます。

FDTDと光線追跡

OLEDパネルシミュレーションにおいては、微細光学解析と大規模光学解析の両者が必須です。
大規模光学解析をFDTDの代わりに処理するために、光線追跡機能がサポートされています。
光線追跡からFDTDまでを用いて、パネルサイズの大規模なシミュレーションが可能です。

吸収

各層で消失したり閉じ込められたパワーを見積ることができます。

様々な出力と解析を提供するViewer

Viewerイメージ

OLEDの光学・電気特性を解析するソリューションです
デスクトップPC環境で高速計算、高精度、大規模メモリ管理を実現します

様々なディテクタ

点・線・カップ・円・矩形など、様々な形状のディテクタを提供。
構造内のどの場所の光パワーも測れます。

Point, Line, Cap, Cir, Square イメージ

マルチコア並列計算

計算に使用するCPUコア数を指定して、計算速度が向上できます。

複数の境界条件

シミュレーションと実世界を一致させるため、完全吸収境界・繰り返し境界・対称境界などの効果的な境界条件が提供されています。

ExpertOLED 1D

Hx イメージ

使いやすいインターフェース、高速なシミュレーション、様々な出力が可能です。

ExpertOLED 3D

3D View イメージ

CAD上の様々なパターンを可視化して、実パネルをデスクトップPC環境で再現できます。

システム要求

Hardware:WindowsPC
OS:Windows 7,8,10, Windows Server 2012, 2012R2(64bit)
CPU:3.0GHz以上 12コア以上推奨
Memory:8GB以上 24GB以上推奨